彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜

彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜 同人

2024年6月9日発売、サークル「ちるイル」制作の「彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜」の最新ダウンロード情報です。

作品の内容

彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜
彼女のお母さんがどスケベすぎた〜爆乳ママのねっとり寝取られ種付け性指導〜

作品の説明

■どすけべすぎる彼女のお母さんに逆寝取られされてしまう童貞主人公

付き合い始めたばかりの彼女の家に挨拶に来た主人公
そこで紹介されたのはおっとりで優しい雰囲気だがどすけべボディの爆乳人妻、かなでだった。
熟女なのにお姉さんと見紛う若さとやさしく堤湖でくれるような包容力、大人の余裕とおとなしさをもった、突然の美熟女の登場に動揺する主人公。
ツンデレで気が強い彼女の嫉妬をよそに気を寄せてしまう。

時は変わって後日、彼女の家に遊びに行った主人公の前に現れたのは、下着姿のかなでだった。
彼女は部活、放置された主人公は彼女のママと一緒に待つことに…
しかし彼女から焦らされて身体の関係に至れていない主人公は、母親の下着姿にあろうことか勃起にしまう、

それに気づいてしまった彼女のお母さん。
シングルマザーで長い間男を感じていなかったこともあってか、女としてのスイッチが入ってしまう。

初めは手コキとパイズリだけで、あくまで練習という名目だったが、ショタ男子の巨根を見てムラムラし、徐々にエスカレートしていく行為。

「娘の彼氏なのに…」
寝取る背徳感とどすけべなメスの本能が、二人の一線を越えさせてしまう…

プレイ内容
・娘の彼氏をどすけべ誘惑。シンママのねっとりフェラと密着パイズリご奉仕で甘やかされる
・メス堕ちで超えてしまった一線。娘の彼氏と寝取られ中出しを許してしまう。下品でえぐいオホ声で媚び媚び小作り
・娘に隠れて互いの欲望をぶつけ合う浮気セックス。
熟れた身体で娘の彼氏を誘惑して搾り取るような種付けあままま逆レ●プ。
・ラブラブ本気交尾で娘を裏切る童貞彼氏。甘い言葉攻めでどM攻め。おっとりなのにSっ気のあるサキュバスのような彼女の母親にハードに精液を搾り取られる。

■登場人物
●桃井かなで
年齢 : 3X?(自称まだアラサー?)
好きなもの : 可愛い男の子
特技 : たっぷり甘やかす
実は欲求不満でむっつりドスケベ
人妻だったが現在はシンママ。若く見える為年上のお姉さんと勘違いされがち。

●桃井ちひろ
かなでの娘。母親にに使わない威勢のいいメス○キタイプ。
ツンデレ気質で生意気な性格。

●相沢浩樹
ちひろの彼氏。自分勝手なちひろに振り回されがちの思春期真っただ中童貞。
ちひろに初体験を焦らされて絶賛欲求不満中。

●プレイ内容
手コキ フェラ イマラチオ ひょっとこフェラ 着エロ パイズリ 顔射 言葉攻め 寝取り 寝取られ NTR 正常位 騎乗位 後背位 バック 中出し

※本作品はStable DiffusionによるAI生成物に加筆して作成しております。

■ページ数
総ページ151P

作品の詳細情報

配信開始日2024/06/09 16:00
利用期限無期限
ファイル容量347.38MB
ページ数151ページ
シリーズ—-
題材オリジナル
タグ辱め 熟女 人妻・主婦 巨乳 寝取り・寝取られ・NTR 中出し フェラ パイズリ おっぱい 母親 男性向け 成人向け 新作

Torrentなどで違法にアップロードされた作品を無料ダウンロードすることは違法行為です。作品を不正に入手した場合、販売者または権利者から著作権法違反で損害賠償請求を受ける場合があります。作品は必ず正規のサイトで購入してお楽しみください。
作品のリンク

作品の感想&レビュー

  1. 岩立沙穂

    肉のムチムチ感がよかったです!

    古典的な要素がありましたが、その反面、広い層に受け入れられる可能性もあると考えました。斬新さを求める人には満足感がないかもしれませんが、しっかりと要点を押さえた作品でした!